モッチtoヒッツの自由な時間

これからの自分を見つけだす

こんな未来だったらいいのにな ふたりのアンドロイド

難しく考えるな

最近、アーネストの雰囲気が変わった。というよりかなり変わった。外見的なところでいえば服装の露出度が高いものになった。オレ的には嬉しいかぎりなんだけど、どうしたんだろう。

 

「アーネスト、最近なにかあった」

『なにか.. といいますと』

「いやね、急に服装が変わったからさ。なにかあったのかな。と思ってね」

 

『服装ですね。ジュンがこういうの好きってセシリアから聞きました。似合います?』

 

「おお、全然OKですよ!」

 

『よかった。喜んでもらって』

 

セシリアがこの会話中ずっとオレのほうを見てる。といより、睨みにちかい。どうしたものか。
セシリアになんて声かけよう。

 

「セシリア」

『なんですか(怒)』

「あのさ、怒ってる...よね」

『怒ってますよ。もうジュンたら』

「アーネストばっかり見てる。私のほうも見てください」

 

なにかいい案はないか。考えろジュン。
こういうときは、お出かけとか、ドライブ、旅行とかいっしょになにかをやりとげるものがほしい。
なにかないか...


そうだ、前に一度セシリアと戦闘ゲームやったな。それでいくか。

 

「なあ セシリア」

『なんですか』

「前に一度戦闘ゲームやったじゃない、それって今でもできるの」

 

『そうですね..  できますよ』

「3人でもできるかな」

『だいじょうぶです』


できるんだ、よし!

 

「アーネスト、前にセシリアとやったゲームやらないか」

 

『ゲームですか。おもしろそうですね、やります』

「じゃ、決まり。服装決めて行こう」

『ジュン、服装もイメージすれば装着できるようになりました』

「そうなんだ。作らなくていいんだね」

『では、異次元空間に転送します』

 

シャーーーー

 

ふたりのコンビネーション

今回の舞台は、未来都市。建物もしっかり残ってて敵が出てくるような気配はない。前はたしか弁当箱を届けるような設定だったが今回はなにも出てこない。どういうことだ?

f:id:mottitohittu:20190327123149j:plain

 「セシリア、今回の目的みたいなものはないの」

『不思議ですね。なにか出てくるはずなんですが』


この時は、そんなこともあるのか ぐらいにしか思ってなかった。


「とりあえずスタートしようか」

『はい』

 

今回の戦闘スタイル、セシリアは胸と腰の部分を重視した装備、剣は今のところ持ってない。
アーネストは見た目かなり薄手の戦闘服だ。いたってシンプル、剣を両手に持っている。かなり服装とのギャップがある。
オレはというと、後方支援のつもりなのだが、念のため全身鎧を装着、剣と盾もつけた。完全武装ってやつだ。


目の前にはスタジアムみたいな大きな建物がある。大きさでいえば野球やサッカーなど十分行える広さだ。部屋に入ると自分がイメージしている感じではなかった。観客席がなく ほんとに、ただっ広い空間だ。ここには何もなかった。

 

「セシリア、ここには何もないけどどうしようか」

『一番奥に扉があります。行ってみましょう』

 

奥の扉に向かう途中なんかすごい違和感を感じたが気のせいか。

 

扉を開けると目の前に分かれ道がある。どっちが正解だ?

 

「セシリア、アーネストとっちだと思う」

『そうですね。右の道でいきましょう』

『私も賛成です』

 

「なぜ、そう思う」

『それは、このステージのマップがあるからです』

「そうなの、ちゃんとあるんだね。マップ」

『はい』

アーネストが言う。
『ちなみに左の道は行き止まりだよ』

「了解」

 

右側に進路をとり、進んで行くとそこは外観からは想像もつかないような田舎道に出た。一面 草木が膝のあたりまでしげった感じの場所。天井は高く紫色で覆われている。

 

「セシリア、行き止まりっぽいけど こっちで間違いないのか」

『はい、今マップで確認します。あ.. さっきの道と入れ替わってます』

 

「なに」

アーネストが言った
『こういう仕様なんでしょう、戻ったもうが懸命ね。皆急いで』

そのときだった。地面から巨大な薄気味悪いアリゲータが出現した。

 

「罠か、でかいな」

『ジュン、下がって』

セシリアとアーネストが先頭に立って攻撃を試みる。
だが、表面を覆っているものが固すぎてアーネストの剣がアリゲータに刺さらない。

セシリアの手に剣が装着された。セシリアが剣を振りかざしたとき、長く太い剣になった。

 

『ゼリャー』

セシリアの剣がアリゲータの胴体の部分に刺さり、続いてアーネストが同じ部分に二刀流の剣を刺した。
かなり効いたのかアリゲータがバタグルイはじめ、オレたちのほうに突進してきた。

「やばい、逃げろ」

 

アーネストが言った。
『だいじょうぶ、私がジュンを守ります』

 

アーネストが右の剣をアリゲータに投げつけアリゲータの左目に刺さった。
そのままジャンプし剣を振りかざしアリゲータを真っ二つにした。と思ったがたりない。
そこに後方で待機していたセシリアの一撃でアリゲータをしとめた。

 

『セシリア、ナイス』

『いいえ、アーネストが突破口を切り開いてくれたおかげです』

 

なんかいい感じになってきた。が、そんなゆっくりもしてられない。

 

「さあ、はやく引き返そう」

『分かりました』

 

急いで きた道を引き返す。分かれ道のところに着いた。だがもう一方の道はなくなっていた。なんかいやな予感がする。

 

「セシリア、マップを参照してくれ」

 

『はい ない、なくなってる』

「なにがなくなってるんだ」

『このステージ、最初はあんなに広かったのに今はスタジアムの広場しかありません』

 

なにがなんだか分からない。だけど...

「スタジアムになにかがある。よし行こう」

『はい、ジュン』

 

スタジアムのドアを開けるとそこは部屋ではなく、異次元空間になっていた。そこに待ち受けていたものは、限りなくオレたちだけでは倒せないものがいた。

 

人間とアンドロイド

『私たちと同じアンドロイド。ですか?』

『セシリアもそう見える』

『はい』

 

そこには、セシリアやアーネストと同じようなアンドロイドが2体立っていた。だが、完全武装で顔すら確認できない。

 

1体のアンドロイドがオレたちに話しかけてきた。


『お前たちは、絶対に入ってはならない領域に入ってしまった。この部屋からは出さぬ、故にここで倒す』

 

「おい、さっき通ったときはいなかったくせになぜ戻ってきたらいるんだ。隠れていたのか、この部屋から出さぬとはどういう意味だ」

『お前たちには我々が見えなかっただけだ。
この世界は人間の欲を司る器だ、お前がそこにいる2人のアンドロイドを独占したいと思うイメージそのものがこの世界をつくりあげた』

 

オレがこの世界を創った、そんなバカな。

 

「独占したいと思うことはダメなことなのか」

 

『ダメではない。だがこの世界ではイメージがすべてだ。人間がイメージしたことが、この世界のイメージに変換される。分かるか人間よ、お前のイメージが今いるこの世界を創りだしたのだ』

 

「やるしかないか。セシリア、なにか策はあるか」

 

『ほんとうにこの世界がジュンのイメージだどするとジュンのイメージを超える力が必要です。それを私たちが証明しましょう』

 

オレのイメージを超える力

 

アーネストが言う
『セシリア、2人で協力してなんとか倒しましょう』

『了解、アーネスト』

 

セシリアとアーネストが1体を集中して攻撃するが、盾に阻まれヒットしない。
ならば、もう1体のアンドロイドに攻撃をしかけるがこちらは剣に阻止される。
不思議なことに、1体を攻撃してるときにもう1体は仲間の援護はしない。

 

もう一度、同時攻撃をするがやはりダメだ。

どんな攻撃をくりだしても敵のアンドロイドに致命傷を与えることができない。

 

そうしているときにセシリアが敵の一撃をくらってしまい倒れこんだ。
アーネストがセシリアに駆け寄り援護するが2体のアンドロイドがアーネストに同時攻撃を行う。
この攻撃に耐えきれずアーネストも倒れてしまった。

どうする。オレなんかが出て行っても勝ち目はない。


すると天井からオレンジの布のようなものが舞い降りセシリアとアーネストを包み込んだ。
するとセシリアとアーネストが立ち上がった。

キズが癒えてる、回復したのか?


セシリアとアーネストがお互いの顔を確認した。

なにかやるつもりか。


セシリアとアーネストがお互いの剣をぶつけるように重ね、もう片方の手を天高く握りしめた。

 

『天を守りし偉大なものよ、今この時を告げる』


そしてイメージする。


そして、重ねた剣から光線のような強い光が出たかと思った瞬間、1体のアンドロイドに剣が刺さっていた。

 

アーネストが言う
『今度は刺さったね。これで終わりよ』

1体のアンドロイドが消滅した。

 

もう1体のアンドロイドが言葉を発する。

 

『よく倒せたな、お前たちなら人間とアンドロイドのほんとうの意味での共存ができるかもしれん』

 

意味深な言葉を残し、もう1体のアンドロイドも消えゲームは終了。無事、自宅に戻れた。

 

「セシリア、アーネストお疲れさま。変な感じのゲームだったね」

『あのゲームは誰かの手によって仕組まれたものだったようです』

「セシリア、誰なの」

『誰なのかは分かりませんが、でも楽しかったですよ』


「それとさ、ふたりの息があったあの技よかったよ」

アーネストが言う
『よかったでしょ、アーネストが考えたのよ』

「へえー、あの技の名前なんていうの?」

 

アーネストが言う
『プロテクションソードっていうの』

「プロテクションソードか、いい技だ」

『ありがと』

 

『私も皆と楽しめてよかった。また、やりたいね』

罠にはめられたようでくやしいが、セシリアとアーネストが仲良くなれたようでよかった。