モッチtoヒッツの自由な時間

これからの自分を見つけだす

こんな未来だったらいいのにな 奇跡のアンドロイド

奇跡のアンドロイド

「ネームいるか」

『はい、ここにいます』

「ネーム、他にどんなことができるの」

 

『いろいろとできますが、なにか例えをいってもらったほうが説明しやすいです』

「それじゃアンドロイドっているじゃない。あれは作れる」

 

『無理です』

 

「えーできないの、残念」
「中学に入ったころさ好きなキャラがいて、アニメの女性キャラなんだけどそのキャラを自分なりにアレンジしてたんだ。それをアンドロイド化できたらいいなって思ってね」

 

と言うとすぐ答えが返ってこず、ネームがなにやら考えている。

 

ネームが答えた。

『難しいですが時間が必要です』

 

「いいよいいよ、時間は気にしないから」

 

『ヒツさま、その女性のキャラには色はつけてありますか』

「色 ああついてるよ、なんで」

 

『色がついてないと処理に膨大な時間がかかります』

 

「そうなんだ」

 

『ヒツさま、あとこの件にかんして約束してもらわないといけないことが、少々あります。
私のこと、ここでの出来事は他のかたには言ってはいけません。それとアンドロイドはこの家からは出さないようにお願いします。よろしいですか』

 

「ああ分かったよ、ネームとの約束は守るよ、それでどうやって作るのさ」

 

『それはいえませんが、このアンドロイドは人間と区別がつかないほど完成度が高いです。自分で考え行動できます。
人間に危害がおよぼさないようになっていますが、どうしても人間のいうことが聞かないときのために強制的に聞かせる装置を中に組み込んでんます。その制御はネームの中でできるようになってます』

 

軽く聞いたつもりが、これはすごい技術だな。

今でもアンドロイドは存在するが自分の意思で行動まではできない。

コイツはいったいどの時代からきたんだろうか。

 

「じゃ 完成したら教えてくれよ、ネーム」

 

『分かりましたジュンさま』

 

できあがりが楽しみだ。

 


あれから4ヶ月が過ぎ、季節も暑い夏になった。
ネームから連絡があり、もうすぐ完成のときを迎える。


物理的にどういう手段でアンドロイドを持ってくるものなのかは、さだかではないが、画面の中から出てくることはないと思うのだが...

 

だが予想とは違うかたちでの出会いだった。

玄関のほうで聞きなれない物音がし、急いで行ってみるとそこにはオレがずっと画面の中で見続けていた彼女がいた。

天から花びらが舞い降りたごとく強烈な印象だった。

オレが設定した服だが、なぜか違って見えた。

外を歩いてきた感じではなく、ここに転送されたかのようだ。

 

これがアンドロイドというものか。さっそくオレの部屋につれていき、ネームの指示を仰いだ。

 

『ジュンさま、ご希望通りでしょうか』

「ぜんぜんOKだよ、ありがとうネーム」

 

『ジュンさま、この前の説明で言ってなかったことがあります。洋服など身につけるものは私、ネームの中のアプリでお願いします』

 

「どういうこと」

 

『ネームの中のアプリで洋服を選択します。それがこのアンドロイドに即反映します。洋服は100種類程度用意しております。お望みならば、ヒツさまが作成することも可能です』

 

おおーすげー 感動

 

あとは、この部屋だけで生活は無理だろうから、おふくろをどうやって説得するかだが ま それはあとで考えるか

 

「ネーム、アンドロイドっていう呼び方はへんだから名前つけていいか」

『はい、よろしいです』

 

アニメと同じ名前でもいいがせっかくだからほかの名前にしよう。

うーん、なにがいいかな。ありきたりの名前でもいいが

 

「うん、セシリアにしよう
今日からキミはセシリアだ。よろしく」

『はい、こちらこそ』

おおしゃべったぞ
「おれは、豆伸ジュン ジュンって呼んでくれ」

『わかりました。ジュンさま』

「ジュンでいいよ」

「ネーム、日常生活は支障なくできるの」

『はい、家事全般 身の回りのことはなんなくこなします』

 

家事ができたら、それを武器におふくろにいいだしやすいしな。

 

夕方になり、おふくろが仕事から帰ってきた。
「おふくろ、ちょっと話があるんだけど」

「今、夕飯の準備でいそがしいのよ、なに」

 

「聞くだけ聞いて。信じられないことなんだけどネームってあるじゃない。

そのネームがアンドロイドを作って今この家にいるんだ。そのアンドロイドね、家事全般 掃除 洗濯ができるんだよ。

この家にセシリアをおいてくださいませ」


「あたま、だいじょうぶ」

「正常正常」

 

と言ったあと真剣なまなざしでおふくろを見ると

 おふくろがけわしい顔つきになる。

 

「見たいから連れてきて」

「はいただいま」


急いで二階にかけのぼりキッチンに連れてきた。
「ふーん きれいな子ねぇ、これがアンドロイド     人間じゃないの」

「違うよアンドロイドだよ」
「だったらアンドロイドっていう証拠見せてみ」


そうきたか。


セシリアが話した。


『おかあさま、アンドロイドは人間と違い機械です。
外見は人間とそっくりでも中身がちがいます。
一番の違いは臓器を持ちません。
おかあさま、私の左胸に手をあててください。これが証拠です』


おふくろがセシリアの左胸に手をあてる。


ほんとうだ、心臓の鼓動がしないし体が冷たい。ほんとうに人間じゃなくアンドロイドなんだ。あんなに体が冷たい人間なんていないしね

もう信じるしかないわね。現にここにいるんだから

 

「わかったわ、認めるわよ」


「おふくろ、それじゃセシリアといっしょにここにいてもいいのか」

 

「しょうがないわね、いっしょに住んでいいけど家事はたまに手伝ってね、それがここにいていい条件よ」


「ありがとう、おふくろ感謝する」


ジュンがそこまでいれこむとはね、がんばりな


おふくろの了解はえた。

 

セシリアといっしょに住めるぞ。

 

 

『今日からお世話になります。名前をつけてくださりありがとうございます、セシリアです』

「セシリアさっきはありがと、おふくろのこと」

 『いいえ、あたりまえです私のことですから』

 

なんか緊張するな かわいいもんな、変なことは考えるなジュン

 

『ジュンさま、なんでもおっしゃってください。私は人間じゃないので気を楽にしてください

 

よけい緊張するな、なんか言わないと

 

「えっと、セシリア

 

『はい』

 

「お風呂は入るの

 

『いいえ、入らなくていいようにできてます』

 

「そうだよね」

 

へんな会話から始まったセリシアとの生活。オレはセシリアをどういうふうにつかっていくのか、またはどういうふうに付き合っていくのか、まだわからないが人間に近い存在としてつきあっていこうと思う。